拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残った左目が見えなくなる前に、色んなものを見せてあげたいと思った。




海や、山や、遠くの広い公園や。
風子の一番のお気に入りの近くの川には、何度も何度も通った。

長いドライブが苦手な風子に丁度良い距離の綺麗な景色を、
たくさんたくさん見せてあげたいと思って、走った。

風子はいつも楽しそうだった。

窓の上の隙間から顔だけを出して、風に向かって何故か口をぱくぱく。
「風子、又“風”食べてるよ」
窓から頭を抜くと、いつも顔の毛が変な方向にセットされてたのも
可笑しくて可笑しくて、よく笑った。

【↓ツヅキ】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。