拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、お隣さんが真っ白なポメちゃんの仔犬を迎えた。
回覧板持ってったり、外でお会いすると
お隣さんに抱っこされたポメちゃんがうりうりくりくりしながら
私にあんよを伸ばしてくれるので、
私も思わず奇声を発しながら(笑 その度に抱っこさせてもらう。

やわらかくてちっちゃくてふわっふわー゚+.(*ノェノ)゚+

当たり前だけど歯も真っ白で可愛い。これから生え変わりの時期かな。
風子の生え変わりの時期は大変だったなー…色んなモノかじられて。
かじるモノが見当らないと玄関の下駄箱かじったり!

そういえば風子の歯みがきってまともにした事が無かったので、
してあげていれば良かったなぁと後悔したのは、去年の12月。
風子の闘病中の事だった。
【↓ツヅキ】
スポンサーサイト
お気に入りにリンクさせて頂いている、
きなこの夢もなかの毎日さんや** meanui maffin **さんで
緊急の呼び掛けをされているのを読みました。


※文章はそのまま転記させて頂きました。

埼玉県入間市でミックス犬多頭飼いの崩壊がありました。

NPO法人 日本動物生命尊重の会 A.L.I.S.様が、
一時預かり様、里親様、現場でのお手伝いのボランティア様等を募集しています。

現場は、子犬等の遺骨や亡骸が散乱して悲惨の一言につきます。
正直、私は正視ができませんでした。
でも、目を背けてはいけないと思いました。
どうぞ下記よりアクセスして現状を御覧頂きたいと存じます。
又、多くの方々に知って頂きたいので、ブログ等をお持ちの方は
ぜひリンクをお願い致します。
お一人、お一人のお力がこの仔達を助ける事ができると思います。
宜しくお願い申し上げます。

NPO法人 日本動物生命尊重の会 A.L.I.S.


もう1件緊急SOSです

神奈川県川崎市にてシーズーの多頭崩壊です。

シーズー12頭の飼い主を募集していましたが
現在残り6頭の行き場の確保が必要です。
こちらは、期限が5月31日と迫っています。
ご協力よろしくお願い致します。
こちらもリンクのご協力お願い致します。

詳しくは
シーズーちゃん緊急SOS


微力ながら、呼び掛けのお手伝いをさせて頂きたくて、転載させて頂きました。

リンク先も拝見して来ました。
悲しくて惨い事実もありますが、
あの酷い状態の中でも生き残った犬や猫さん達が、本当に可愛いです。
ヒトに裏切られ、あんな状態になったのに
どの子もヒト好きな穏やかな子だと書いてありました。

胸が詰まる思いです。
今日の午前中、みるみる内に外が暗くなってきて
突然叩きつけるような雨が降って来た。

ピカッと白く窓が光る。
1、2、3、4、5、6、7、ゴロゴロゴロゴロ、ドシャーン

雷が鳴ると数を数えるのは小さい頃からのクセ。
妹と「こわいこわい」と泣きそうになっていたら、
父が教えてくれた。

「なんも恐いことない、まだまだ遠いからだいじょぶや」
「なんで遠いってわかるん?」
「ピカッと光ったら数、かぞえてみ。
 数が長くなったら、カミナリが遠くへ行ってんねん」

ピカッ!と光ってから、声に出して数えた。

いーち、にーい、さんまのしっぽ、ごりらのむすこ、
なっぱ、はっぱ、くさったとーふゴロゴロドシャーン!
【↓ツヅキ】
風子の闘病中、仕事の関係で会った人と雑談してて、
「飼ってる犬が今、ちょっと具合悪くて…」って話になった。
「いくつなの?」
「12才ですね。5月で13才に」

「へー!長生きした方なんじゃないの?よくわかんないけど」

そう言われて、思わず言葉に詰まって、苦笑い。

「もうちょっと長生きして欲しいから、頑張りますよ」
って言いながら、
そっか。犬と一緒に暮らした事がないと、
犬の平均年齢とかわかんないもんかもなーと思った。


今ギネスブックに登録されてる世界一の長寿ワンコは、
オーストラリアで牧羊犬をしていた「ブルーイー」君という子だそうで
1939年に29才5ヶ月の生涯を閉じたという。
【↓ツヅキ】
はじめまして。ジジです。



ジジは宮崎駿監督の『魔女の宅急便』でお馴染みの、アノ黒猫。

実はこの小さなジジのぬいぐるみ、
風子とは物凄い険悪だったのにも関わらず
どうしても捨てられない風子グッズの筆頭にあげられています。

【↓ツヅキ】
風子には、時々一緒に散歩していた兄妹が居た。

お兄ちゃんの政(マサ)。14歳でご健在。

こんなヘン顔の写真しか無かったよ(汗 抜け毛ヂゴク中だしベロってるしw
写真下手でごめんねマサ(´・ω・`ゞ
昔は気性が荒い“THE番犬”だったけど、今はもうすっかり甘え上手なおじいちゃん。

妹の花ちゃん。
風子と一緒に生まれて、風子より少し早く虹の橋に行っちゃった。

仔犬の頃の写真だけど、大人になってもこのまんま。
いつもコロコロ、きゃぴきゃぴ。
天真爛漫なふわふわのぬいぐるみみたいな子だった。

マサと花ちゃんの家の周りは、住宅地を囲むように
野菜畑や田んぼや雑木林が広がっている。

散歩するにはとても良い環境で、のんびり歩くのに最適な場所だらけなんだけど
ひとつ、この兄妹には困ったクセがあった。
【↓ツヅキ】
こないだ猫さん達が裏庭で雄叫びを上げて大騒ぎしてくれたおかげで、
ダンナとの久し振りのケンカも、なんとなく仲直り出来たわけだけれども。

それきり猫さん達はすっかり静かになってしまい、
窓の外の塀を歩く姿もしばらく見かけない。

なんだかちょっとだけ寂しかったりする。
また巡回しに来れば良いのになー(*´ω`)

風子は酷く犬見知りが激しかったけれど、猫さんにだけはいつも興味深々だった。


ねこさん!?
【↓ツヅキ】
砕骨、散骨する前に自分も色々迷って、情報を探して
色んなサイトやブログ、掲示板を参考にさせてもらったので、
ちょっと重たい話かもしれませんが散骨のことを書いてみようと思います。

個別火葬してもらって、お骨を持って帰って来て、散骨しようと決めたのはいいけれど
散骨って何を準備してどうすれば良いのか、一時期、途方に暮れていました。

お骨を砕くってどういう風にすれば良いのか、
自分で出来るものなのか、
骨壷や、骨壷のカバーはどう処理すれば良いのか。

「ペット 散骨」などで検索しまくって色々情報を集めてたら、
お骨を砕いて粉にしてくれる業者さんなんかも結構あったりして。
骨壷のフタをテープで固定して宅急便で郵送すると、
砕骨した粉を水に溶ける可愛らしい小袋に分けて届けてくれるんですって。

正直、その業者さんのサイト見た時クラクラッと来たんです。
その時私はまだ、風子のお骨を砕いてあげられる勇気が無くて。

【↓ツヅキ】
「風子、川行く?川?」

そう言うと耳がぴくーんと反応して、わくわく、そわそわするんだよね。
助手席にカバーを取り付けてる時からまだかな、まだかな、とウロウロ。
昔は、助手席をぽんぽんして「のんのして」って言うと
「まってました!」とばかりに飛び乗った。

助手席の窓の隙間から鼻先を出して、向かい風をぱくぱく食べながら約15分。



なんてことない極々普通の川と、土手。
どうしてあんなにあの場所が好きだったのかはわからない。

とにかく風子が「ここ、だいすき。ここ、すごくたのしい」っていうのだけは
いつも連れてく度に、強く伝わって来た。

だからパパもねねも、何も話し合わなくても、自然に、決めてたんだよ。

ここが風子のお墓だって。

【↓ツヅキ】
母の日の昨日は、二日遅れで風子の月命日のお墓参りと、
お姑さんへの母の日の贈り物を買いに行ってお届け、
今日はばあちゃんの施設に面会と届けもの。
もちろん実の母には前もってプレゼントを買って送っており。

なんだか微妙に家族孝行な日が続いているねねさんです嗚呼!
なんて素敵なお嫁さん!
って誰も言ってくれないから自分で言っちゃったりして( ´∀`)ふっ

風子のお墓参りの話はちょっくら後日に置いておいて。

母の日になると、
ウチのお姑さんに初めてプレゼントを贈った時の事を必ず思い出しちゃうんですよね。

【↓ツヅキ】
昨日、5月9日は三回目の月命日だった。

お墓参りに行こうと思ってたのに、
何故かパパと“つまらないケンカ”をしてしまったので中止w

あーあぁ。風子呆れてるねきっと。
よりによって月命日にだなんて。


ふぁーあ。おバカなフウフねーまったく。


12月に風子が病気してからケンカするどころじゃなかったので、久々だよ(*´∇`*ゞ
半年振り以上!
もう仲直りしたから、許してください。
今日は無理だったけど、明日は二人揃って行くからね。

【↓ツヅキ】
犬のココロ親知らずといえば後で思い出したんですけど。

現在14歳になる実家のKくん(MIX)も1才の頃のある時、ウロウロ、わんわんと
急に落ち着きを無くして騒ぎ始めたらしいんです。
もう叱っても、なだめても、何言ってもダメだったそうで。

ウチの実家は住宅密集地なので、あんまりうるさいとご近所の手前もあるしと、
効き目があるかどうかはわからないけど、急遽去勢手術を受けさせたらしいです。
手術後は、多分手術のショックじゃないかと思うんですがw一応、静かになったKくん。

去勢手術から数日後、コトは起こりました。

阪神大震災です。

ニュース等でも報じられていましたけど、地震前に、
関西圏のペットや動物達の様子がおかしくなったという事例がいくつもあったとか。

Kくんがどうして落ち着かなかったのかは、Kくんに聞かないとわかりませんがw
とりあえず、実家の家族は揃ってKくんに

「タマタマを取ってしまって申し訳ございませんでした<(_ _)>」

心底謝罪したそうです。

Kくん、大変だったね(苦笑


ふっヽ( ´ー`)ノムカシのコトですから…。


すっかりおじいちゃんだけど、これからも元気でマイペースにのほほんと
出来るだけ長生きしてちょうだいね。

ふっ( ・`д・´)ヒトのこと、ヘンなコってよくいえたもんねー。
ねねだってふうこにマけずオトらずヘンだったくせにー。


…そ、そんな事は…ないでしょうよー。


はぁ。やだやだ。ツゴウのわるいコトはわすれちゃって(ふて寝


お、覚えてますよちゃんと…。
えーと、えーと。

カジをおしえたかしこいワンコはだれでしたっけ?


それですか…はい。風子さんです_| ̄|○

そして、カジを教えてくれた風子に、
気付かず説教してしまったおバカな飼い主は私です。がくっ。

【↓ツヅキ】
風子の闘病中から突然わんこブログ中毒になったねねさん。

毎日毎日、暇さえあればわんこブログを漁るように読みふけっているけれど、
よそさまのわんこの写真やエピソードに笑顔をもらいながら、
比べちゃいけないとは思いつつ、
在りし日の風子さんと比べるとどうしても妙に思うこと。

どのわんこも、お友達いっぱいで愛らしい。

その点風子って他のわんこからすると、
かなり変なヤツだったに違いない。

【↓ツヅキ】
そういえば風子さん、あなた3歳になるまで、
度々赤ちゃんを身ごもってましたね。


えっ。…そうでしたっけ?


覚えてないの?あんなに大騒ぎしてたのに。


【↓ツヅキ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。