拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく分からないんだけど、

雷の音なら大丈夫だけど、花火の音は嫌で。
雨に濡れるのって全然平気じゃない?でもシャワーは嫌なんだ。

川では結構楽しそうに泳いでたけど、
湯船に浸からせようとすると泣き叫ぶのはどうしてなんだろう。


イヤなものはイヤだからにきまってるでしょ。
それにオヨぐのもどっちかっていうと、イヤよ。


Σ(・ω・ノ)ノ!あんなに楽しそうに泳いでたのに・・・。

いや、ちょっと待てよ。楽しかったのは確かにねねとパパだけか・・・(*´∇`*ゞ

うーんと暑い夏の日。
風子の胸とお尻を持って抱き上げて、ちょっと深めの川に入って
そーっと下ろすと、四つ足がばたばた動き出す。

足先、お腹が冷たい川の水に慣れて来たら、思い切って手を放して
泳ぎ出す風子に付かず離れず、
「風子こっちだよー」
「風子パパとこ!パパとこおいで!」
とかなんとか大騒ぎ(笑

しかし風子は仏頂面でうるさい飼い主どもには耳もくれず、
すいすい泳いで、一番近い岸にたどり着こうとしてしまうので、
さりげなく風子の前に立ちはだかったりしてみると、
風子はちゃんと泳ぎながらくいっと方向転換して私やパパを避けようとする。

「風子すごーい!かっこいいーっヾ(≧∇≦)ノ」

やんややんやと拍手喝采の飼い主どもにふんっってお尻向けようとしながらも、
ちょっと得意気に見えたのは、
気のせいじゃないと思うんだけどなぁ(*´∇`*)ふっふっふ。

虹の橋が暑過ぎるって事はまず無いだろうけど、
嫌がらずに、たまには泳いでみなよー風子さん。

きっと虹の橋の川は透き通ってて、可愛いお魚がたくさん泳いでて
とっても気持ち良いと思うんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。