拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒柴と一緒に歩いていると、
誰もが一度は言われたことがあったりするかもしれない。

「この子、ハスキーの仔犬ですか?」

風子も若い頃、何回か散歩中にそう言われたことがあった。
黒いハスキー、テレビでしか見た事は無かったけれど、
大きさは全く違えど確かに、模様や体型がよく似てて。

間違われると、「黒い柴犬なんですよ」って言いながらもちょっと嬉しかった。
ハスキー、カッコイイもんね。

更に1才を過ぎた辺りまで、風子はよく「男の子」に間違われた。
なんで気付かなかったんだろう。そりゃ男の子に見えるはずだ。
首輪青いし、リードも青いし。

↑細い赤リードは、当時、庭のチェーンの延長用。


そんでもってたまに顔が恐いから、ますます男っぽい。

それが首輪とリード、確かに自分で買ったはずなんだけど
どうして青いのを買ったのか全く覚えてない

しかも、当時はどうして風子が男の子に間違われるのか不思議でならなかった。
パパと、
「こんなに可愛い女の子なのにね。おかしいよね、どうみてもお嬢ちゃんやん?」
とか言ってた記憶がある。
おかしいのは青い首輪とリードに何故か気付いてなかった自分達なのに(苦笑

この後はちゃんと赤い首輪とリードを買っているからますますおかしい。
思い出せない。なんで青なんだろう。

もしかして風子、青が良いって言った?

わたしはなにいろでもいいよ。


・・・だよねぇ(苦笑

風子があんまり男前だから、もっと男前にしたかったんだろうか。
今となっては真相は謎なのでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。