拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色んな偶然や出来事が重なって、私達は風子に出会うことができた。

もしも私がたこ焼きの国を出なかったら。
関東地方でパパと出会う事が無かったら。

パパが東北の故郷に一緒に帰ろうと言い出さなかったら。
私が“うん。じゃあ行こう”と言わなかったら。

人生のあちこちで分岐点があったわけだ。

そして一番大事な出来事は、そう、

あなたたちが風子をこの世界に生み出してくれたこと。

ジョンパパ


なんだかこの写真、足が筋肉質でムッキリしてる(笑

犬見知りの風子が大好きだったお父さん。
能天気でスケベで、でも、優しかったね。

模様も大きさも全く違うのに、風子はジョン似だねーとよく言われた。
パーツが似てた気がする。耳の形、マズルの長さ、目の形。
風子も自分でジョン似だと分かってたんだろうか。
お姑さんちに連れてくと一番にジョンのところに近付いてった風子。
ジョンはクンクンして、よく来たなぁって挨拶して
特に構わず、無視するわけでもなく。
風子は、ジョン、あなたの無言の優しさをよく知ってたんだろうね。

チビママ
【↓ツヅキ】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。