拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風子のかかりつけのA獣医さんとは、風子が仔犬の時からのお付き合いで
ワクチンも、フィラリアも、避妊手術も、もちろん緑内障の時も
ずっとお世話になっていた。

実は緑内障の時は、最初に他の獣医さんで「結膜炎」と診断されて、
後日いつものA獣医さんに行ったら
風子の目を診てすぐ「緑内障」だと分かった、という経緯があったので、
ちょっとぶっきらぼうで規模も小さな病院だけど、
私もパパも、このA獣医さんをとても信頼していた。

だけど風子の心臓の病気が分かった直後、私は、私の独断で、
この獣医さんのところを飛び出して別の獣医さんに飛び込む。

今、冷静になって思い返すと、結果は多分変わらなかった。
ただ、その時はそうするしか無いって思い込んで、
何にでもすがりたい一心だったんだと思う。

【↓ツヅキ】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。