拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年1月下旬

体重9.7kg
日に日に増加する。
腹水の他、胸水、四足の浮腫み、アゴの下にも水の貯留が見られる。
冷たい水はよく飲む。温めたり、スープにすると嫌がる。
食欲は、ゆでレバーとタラ巻きササミ以外は無視。

呼吸は時折苦しそうだけど、横になって眠ることは出来る。
オシッコの量は多い。ウンチが少しゆるい。




ダンナの誕生日、家で焼肉をした。

たくさんお肉や野菜や、風子(とパパ)の大好きなレバーを買い込んで、
風子の目の前で焼いた。

昼間は、無理矢理療法食を食べさせられて不機嫌だった風子の表情も、
ワクワク、キラキラして見える。

焼いたレバーを冷ましてから、風子の前に。
待て、って言ってないのにちゃんと待つ。
「いいよ」の声を聞くと、あっという間にかぶりついて食べる風子。

「その勢いでごはんも食べてくれへんかなぁ」と苦笑しながらも、私は嬉しくて
「いいよな?美味しいのが一番だもんな?」とパパもニコニコ笑ってた。

風子はレバーの他、カルビも少し食べた。

私達は風子が美味しそうにお肉を食べるのを見ながら、美味しいビールを飲んだ。

美味しそうにお肉を食べた後、
満足げに寝床に伏せて、眠そうな顔をしてくれるだけで
眠気も、疲れも、全部吹っ飛んでしまうくらい幸せだった。

こんななんでもない、幸せな瞬間が、今までの12年間の中で
何回も何十回も何百回も、もっともっとあったはずなのに
悲しいかな。よく覚えてない。

たくさんあり過ぎて。
あんまりにも当たり前だったからかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。