拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで何回くらい見たんだろう。
ひとつひとつ覚えてはいないけれど、何も意識せずにふと夜空を見上げた瞬間に
「つるっ」と落ちてく光を見付けて、「あ」と言う間に消えてしまう。

とてもじゃないけど願い事を3回唱えるなんて無理だよ、といつも苦笑い。

トラックバックテーマ第603回「流れ星、見たことある?」


闘病中、風子のトイレのために
2~3時間おきに真夜中の庭に出た。

5分弱、庭を歩き回る風子の後を追いながら夜空を見上げてた。
真夜中の雲ひとつ無い冬空は、恐くなる位綺麗で。

目をこらすと大きいのから小さいの、
赤っぽいのや青っぽいの、黄色っぽいのや白いのと
大きさも明るさも色も様々な星が、無数に瞬いている。

流れ星を探した。
無心で探した。
ただなんとなく見たかった。どうしても。

トイレを終えた風子が、私をじっと見上げる。

「終わった?…家入ろっか。寒い寒い」

抱き上げて玄関の前で立ち止まり、もう一度夜空を見上げても
結局、流れ星を見ることは叶わなかった。



「風子、お星様すごい綺麗だよ。キラキラしてるよ」

私のちゃんちゃんこに埋もれてる風子を撫でながら、話し掛ける。
風子は白い鼻息を吐きながら、すんすん。

例え願い事が言えなくても、
願い事が叶わなくても、
一緒に見れたら良かったのにね、流れ星。
スポンサーサイト
TRACKBACK
  TRACKBACK URL
   http://fookochan.blog116.fc2.com/tb.php/116-ff117f2f
   この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。