拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丁度去年の今頃、風子は具合が悪くなった。

数えてみたら、闘病生活は2007年12月14日~2008年2月9日までの58日間だった。

前は開くだけで辛かった自分の日記も、
今では、泣かずに読み返すことが出来るようになったなぁと感慨深い。

苦しかったけど、大事だった時間だもんね。

風子が最後に頑張った記録。

2007年12月14日金曜日

  いつもと変わりない一日だった。夕方、異変に気付くまでは。

  散歩から帰って来て、風子はいつも通り寒がって玄関ハウスを素通り。
  台所でお水を飲んでご飯を食べてる風子を横目に、私は晩ご飯の支度。

  しばらくしてふと見ると、ご飯のお皿は空っぽ。
  完食して居間の自分の座布団で休んでる風子を見て、そのまま台所でご飯の支度。

  ひと段落して居間に入って…
  風子の呼吸がおかしい事に、そこで初めて気付いた。

  ふっふっふっという短い呼吸と
  ふーっというため息のような呼吸。
  時折、タンが絡んだ時にするような、吐き気を伴ったようなセキ。
  でも、それが大変な事だとはまだ、全然気付かなくて。

  ついさっきお散歩も行ったし、ご飯も綺麗に食べたし、
  散歩して疲れたとか、
  又枯れ草でも食べちゃったのかな。くらいに思ってた。

  だけど夜が更けるごとに、風子の状態はみるみる悪くなって行った。

  横になって、少し寝れたかなと思うと体を起こして短い息をする。
  後悔しながら風子の背中を撫でていた。
  昨日の内に病院に連れて行くんだった。

  朝一番で病院に行こう。
  きっとすぐ良くなるから。

  だいじょぶ、だいじょぶ。


スポンサーサイト
TRACKBACK
  TRACKBACK URL
   http://fookochan.blog116.fc2.com/tb.php/142-4fdb4331
   この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。