拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お姑さんから電話がかかってきた。

「ねねちゃん?留守にしててごめんねぇ、封筒届けてくれてありがとう」

ウチの住所は元々ばあちゃんの代からダンナ一家が住んでいたところなので、
時々、姑宛やばあちゃん宛の郵便物が届く。
買い物に行くついでなどにそれを、姑の家まで届けたりする。

「それと、パン!すごくうめがったぁ!ごちそうさま(o^∇^o)」

・・・パン?

・・・パン!?

「封筒と一緒に置いといたあのパン!?だ、誰が食べたんですか!」

「(。・ω・。)?わたしが。あんまりうまくて、あっという間に食ってしまった」

まぢですかΣΣ(゚д゚lll)

↓姑の食べたパン↓



「お義母さん・・・それ・・・風子のお供えの余りのパン・・・犬用のオヤツ・・・」

「Σ(゚Д゚○)あれまあ!そうだったの?あははは(爆笑」

「ぶうちゃん達にあげてもらおうと思って・・・メモ置いておけば・・・良かった・・・」

「でもねでもね、ホントにとってもうめがったんだよぉ?
 薄味で風味も良くて、ぱくぱく、あっという間に全部食べてしまったもん」

「ごめんなさいー(;´Д`) メモ書いて置いとけばー!
 だけどその・・・パッケージ見たら分かると思って・・・」

「いいんだぁ。美味しかったから(笑 風子にもごちそうさまだねぇ」



ぶうちゃん達へのお裾分け、お姑さん全部食べちゃったってよ、風子(笑
風子には3つお供えしただけだから、かなりの量が残ってたはず。
私も風子のオヤツ、味見した事はあるけど・・・さすがに一袋食べちゃった事は無く・・・

でも美味しかったんだ。ふふふ。
風子もきっと喜んで食べただろうな。

また今度買おうね。
んで、今度こそ、ぶうちゃんたちにお裾分けしよう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。