拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年2月6日水曜日

  朝の体重 9.5kg

2008年2月7日木曜日

  朝の体重 9.8kg

明日には又大台に戻りそう。来週大学に行ったら、又腹水抜くのかな・・・
あんまりぐっすり眠ってると、時々恐くなって顔や胸に耳を寄せる。
すぅ、すぅ、コクン、コクン。ちゃんと聞こえる。だいじょぶ。


んで、起こしてしまう。起きたついでに、少しご飯食べさせる。
そしてねねは、またまた嫌われる。顔を背けられる。
早くパパ帰って来ればいいのにとか思ってるでしょ。オヤツタイムだから。


ある日、ダンナが帰宅するなりスーツのまま、だだだっ!と家に駆け込んで来た事があった。

私と風子はその時、洗面所に居た。

洗濯機の前に広げたペットシーツに伏せている風子と、
風子の前に正座して手を叩いてた私は、
洗面所のドアをバーンと開けて、真っ青な顔してるパパを見上げる。

「どっ・・・どしたの・・・」
「どしたのってそれ俺が言いたいよ・・・何してんの・・・」
「何ってチィ出来たから・・・風子エライねって」

元気な時、風子が家の中でオシッコをする事は滅多になかったけど、
ごくたまにする時は、私の布団か、洗面所の洗濯機の前。

と、風子が決めていたようだったので、
病気になってから、「前みたいにここでチィすれば良いんだよ」と促してみるんだけど
風子は中々言う事を聞いてくれず、外でトイレをしたがる。

この時は、洗面所にしばらくこもって、風子がオシッコをしてくれるのを待ってみようと。
5分か、10分か。
根負けした風子が、ペットシーツの上にしゃがんでちーっとやったので、
「風子ーーー!やったーー!偉い偉い!凄いね風子ーーー!」
とワザとらしく手を叩いて大喜びしてたのだ。

ダンナは、帰宅した瞬間、私のその叫び声を聞いて、
風子に何かあったのかと思ったらしい。

「良かった・・・あービックリした。焦った・・・」

二人で洗面所にしゃがみ込んで、きょとんとしてる風子を撫でた。
「チィ、したのはしたんだけどさ。頑固だからさ。かなり時間かかった」
「・・・やっぱり外じゃないとダメだな。イイじゃん、すぐするんだし。風子も気持ち良く出来るし」

抱き上げて居間に戻る時、さっきまで洗面所でずーっと不機嫌だった風子の顔が
ゴキゲンになってるのに気付いて、ちょっと面白くなかった。

ナニよーその可愛い顔。
ねねは風子のために24時間捧げているというのに。

ほっぺたニーッてして、黒わらびもちにちゅーちゅーしてやる。
前足の肉球の手前のくぼみのとこに指あてて、サワサワしてやる。
前足の指と指の間をこしょこしょしてやる。

なーんて嘘。やんないよ。全部、風子が嫌がる事(苦笑
具合良くなったらいっぱい遊びながら、やってやるんだって思ってた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。