拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約束だったもんね。

ご飯頑張って食べて元気になったら、また三人で川に行こうって。
何度もそれで励まして、ご飯、食べさせちゃったから。

だから、火葬場へ行く前に、少しだけ川に立ち寄った。

風子ほら、川だよ。
降り続く雪の中、静まり返った真冬の川は、風子の大好きな風景とはちょっと違うけど。



同じ場所に、一周忌の2009年2月9日夜、パパと二人で立った。

9日の予報は、曇り。午後から雪か雨。

「晴れるよ、多分。風子の命日だから」

って言ってた私の予想が、見事に的中。
朝、差し込む眩しい太陽の光に思わず顔を見合わせて笑った。

まあ、川に行くのは夜になるから、その頃には雨か雪が降っててもしょうがないかな?
だって。
亡くなった日の大雪を除いて、これで月命日のお散歩日和はパーフェクト達成!
だからどうってわけじゃないんだけど、一人で、こっそり嬉しくなる。
風子はやっぱり晴れ女だ。

夜、ダンナが帰宅して、一緒に川へ。
川に着いて車を降りたら凄い強風&寒風。
「寒いーーーーっ」ってヘコたれながら風子のオヤツを握り締め、車を降りて、
ふと、夜空を見上げたら。

夜空に、ふっくらした丸いお月様が浮かんでた。

雲の切れ間からは、星空と大きなオリオン座。

「風子凄い。ちゃんと晴れてるよ、夜空」

風子、もしかして笑ってる?
このお月様みたいな丸い顔で。

淋しくないんだね、きっと。
そこに見えるお星様の数くらい、友達も出来たかもしれない。

満月と星空を見上げながら、そんな事を思ったら、自然と笑顔になった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。