拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砕骨、散骨する前に自分も色々迷って、情報を探して
色んなサイトやブログ、掲示板を参考にさせてもらったので、
ちょっと重たい話かもしれませんが散骨のことを書いてみようと思います。

個別火葬してもらって、お骨を持って帰って来て、散骨しようと決めたのはいいけれど
散骨って何を準備してどうすれば良いのか、一時期、途方に暮れていました。

お骨を砕くってどういう風にすれば良いのか、
自分で出来るものなのか、
骨壷や、骨壷のカバーはどう処理すれば良いのか。

「ペット 散骨」などで検索しまくって色々情報を集めてたら、
お骨を砕いて粉にしてくれる業者さんなんかも結構あったりして。
骨壷のフタをテープで固定して宅急便で郵送すると、
砕骨した粉を水に溶ける可愛らしい小袋に分けて届けてくれるんですって。

正直、その業者さんのサイト見た時クラクラッと来たんです。
その時私はまだ、風子のお骨を砕いてあげられる勇気が無くて。

でもダンナに相談したら、ダンナは黙って私の話を最後まで聞いた上で、

「うん。ねねの気持はわかった。
 でも風子は、俺達の手で、送り出してあげたいと俺は思う。
 これが、風子にして上げられる最後の事だから」って。

四十九日の間、私は時々、骨壷の中を覗いて風子を撫でていました。
焼き場の人に褒められた、しっかりした綺麗な頭蓋骨。
“大きくて丈夫な歯が、しっかり頭蓋骨についてますね”
1才の時、私の人差し指に穴を開けた大きな犬歯もちゃんと付いてる。

自分で砕けるのかな。こんなに愛おしいのに。

悶々と考えながら、自分で砕いて散骨した人の話が聞きたくてウロウロしてたら
ある掲示板でアドバイスをもらいました。
その人は、猫を亡くした人でした。

・最初は袋に入れ、ハンマーなどで荒く砕く。
・その後乳鉢に入れて、細かくすりつぶして行く。
・想像してるよりお骨はもろくて、指でも呆気なく砕けてしまう。

“亡くなった子に話しかけながらしてあげると良いよ”

その人は、猫を拾った桜の樹の下の土に、
お骨の粉を少しだけ埋めてあげたそうです。

ハンマー。袋。園芸用のふるい。大き目の洗面器(タライ)。
粉骨を入れるビン。
乳鉢は、パウダー状にまでする必要が無かったので無し。

準備はしたものの、ギリギリまで迷ってました。
ホントに前日の夜まで。

でもその日になって、風も穏やかなお散歩日和な川へ到着すると、
ダンナと思わず笑顔になっちゃいました。
風子、よっぽど川に来るの楽しみにしてたんじゃないの?って。

砕く前に、少しだけ骨のかけらと、それから、思い出の大きな犬歯をひとつもらいました。

作業は、ほとんど泣かずに出来ました。
経験した人のアドバイス通り、本当に呆気なかったです。
クッキーみたいに簡単に砕けてしまった。
袋に入れて、ハンマーで砕いて、ふるいにかけて、
残ったかけらを又袋に入れて砕く。
思い出話をしながらゆっくりしてましたけど、30分もかからなかった気がする。

砂状になったお骨は驚く位少なくて、用意していたビンの半分にも満たなかったです。

残った骨壷はハンマーで割り砕き、
骨壷のケースはハサミで切って、
それぞれ不燃ゴミと普通のゴミに分けて捨てました。

最初は火葬場で購入したものだし、火葬場に返そうかとも思ったんですけど
お骨が入っていなければ
それはただの入れ物だったと割り切って片付けた方が良いと聞いて、
それもそうだなぁと。
火葬場も返されても困るかな?と思って。そうしました。

こうして散骨を終えて、もう一ヵ月半が経ちます。

弔い方って、人それぞれで。
こうして散骨するのも、
手元に置いておくのも、
お庭にお墓を作るのも、
ペット霊園等で供養してもらうのも
全部それぞれの人達の、大切な大切な子への思いがあって。

大切なのは形式じゃなくて、気持ちなんですよね。
スポンサーサイト
COMMENT
うちも考えました
うちも散骨考えましたがどうすればいいのか
わからずネットでいろいろ調べました。
宅急便のも見たのですが・・・
旦那が見えないところでは嫌だって!!
あとどうしても水分を含んでしまうのでもう一度
焼かなければいけないというのにも大反対!!
旦那はもうきなに熱い思いはさせたくなかった
みたいでv-390
その気持ちもわかるので私達が納得するまで
側に置いておく事に決めました。
風子ちゃんはねねさんとパパさんにいい見送り方を
してもらったんですね。
とても素敵な送り出し方だと・・・。
自分達の思うやり方でいいんですもんね。
2008/05/17(土) 11:58:57 | URL | きなママ #-[ 編集]
はじめまして。
全ての記事を読ませて頂きました。
ウチの猫も14歳なので思うところがあります。
昔飼っていた猫は病気により5歳で他界しました。
今のような環境でも知識もなくて合同で焼いてしまいお骨は手元に戻ってきませんでした。
もうその頃のように悔やむのはイヤなので色々と考えて心の準備をしています。
いつもねねさんの風子ちゃんに対しての愛情に涙が出てきちゃいます。
いつも素敵な話をありがとう。
2008/05/17(土) 21:57:07 | URL | ルーク銀 #-[ 編集]
散骨。
風子ちゃんのお骨を砕く決心をするまで随分と悩まれたことと思います。
そのご決断に拍手を送ります。

だって、大好きな場所に散骨してもらえた風子ちゃん。すごく幸せだろうな~って思うから。

私はどうしてもブルーを手放せなくて今も手元に置いてあります。
いつも人の傍にいるのが好きだったブルーなので、これでいいかな?

2008/05/17(土) 23:35:53 | URL | siromi #tR0Y9Tco[ 編集]
はじめまして
風子ちゃん幸せでしたね。

うちも14歳の柴を昨年亡くしました。
寿命といえばそうですが、淋しくて悲しくて。
ねねさんのお気持ちがわが事の様に判ります。

四月に、二代目の柴を迎えました。
亡くなった柴は「ねね」と言うんですよ。

まりんはやんちゃで、楽しくて、悲しみを薄れさせてくれました。

もう若くない私たち夫婦の最後の犬です。

ねねさんも、気持ちが落ち着いたらもう一度ワンチャンを育ててみて下さいね。

ねねさんが楽しい日々を送るのは、風子さんの望みでもあるでしょう?

私はそう思って二代目を飼いはじめました。

風子ちゃんの思い出をたくさん語って下さいね。
また来ます。

ブログはコメントの書き込みを現在お断りしていますが、一度是非いらして下さい。


2008/05/18(日) 10:25:40 | URL | kakko #-[ 編集]
きなママさんへ
驚きました。きなパパさんと同じく、
ウチのダンナも同じ事ぼそっと言ってたんです。
「見えないところに風子を送るのはイヤだ」って。
私は多分、自分で砕く自信が無かっただけだったから、
どうしても砕かなければならないのなら、
見えない所でして欲しいって。…逃げてたんだろうなー。

うん。それぞれの思いで、それぞれのやり方が
一番良いんだとホントにそう思います。
私も、散骨したとはいえ少しだけもらったお骨と歯は
ずーっと側に置いておきたいですもんね(*´∇`*ゞ
2008/05/18(日) 23:50:05 | URL | xxねねxx #-[ 編集]
ルーク銀さんへ
はじめまして。実は時々こっそり、
銀ちゃんやルークさんを覗かせて頂いておりました。
ルークさんはまだまだ、お骨には遠い存在で居て欲しいです。

そういえば義母や知人が飼っていた風子の家族は皆合同火葬で、
風子も合同火葬をすすめられたんですが、
形見が手元に残らないのが、ちょっと淋しかったんです。
やっぱり少しだけでも、手元に置きたいですよね。
思い出だらけで情緒不安定なブログですが、
又覗いてやって下さい(*´∇`*ゞ よろしくです。
2008/05/18(日) 23:50:45 | URL | xxねねxx #-[ 編集]
siromiさんへ
ブルーちゃんの一番好きな場所はsiromiさんの側だったんです。
だからブルーちゃんも、風子に負けない位幸せですよ。絶対。

形見は、風子のためというより100%私のために(*´∇`*ゞ
どうしても、少しでも、側に居て欲しくてもらいました。
だから手放せない気持ち、凄く分かるんです。
それでも骨壷が無くなってから、
一気に淋しさに潰されそうになっちゃいましたもんね…。
変ですよね(苦笑 自分達で決めて自分達でした事なのに。
2008/05/18(日) 23:51:23 | URL | xxねねxx #-[ 編集]
kakkoさんへ
はじめまして。
さっき、ブログにお邪魔してneneちゃん、まりんちゃんに会って来ました(*´∇`*)
同じ「ねね」ちゃんなんですねー♪嬉しい偶然です。
私も、リアルでも風子にとってはいつも「ねね」だったので。

わんこ、本当に大好きなので迎えたいです。
積極的に探す努力はまだしてないので、まだ及び腰っぽいんですが(苦笑
いつか必ず、この子だ!っていう出会いがあるって
頭のどこかで信じてるんですよね。
風子と出会った時みたいに。
まずは探す努力から第一歩踏み出さないとダメですね。
2008/05/18(日) 23:53:28 | URL | xxねねxx #-[ 編集]
  コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
TRACKBACK
  TRACKBACK URL
   http://fookochan.blog116.fc2.com/tb.php/24-e36fcd53
   この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。