拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風子の闘病中、仕事の関係で会った人と雑談してて、
「飼ってる犬が今、ちょっと具合悪くて…」って話になった。
「いくつなの?」
「12才ですね。5月で13才に」

「へー!長生きした方なんじゃないの?よくわかんないけど」

そう言われて、思わず言葉に詰まって、苦笑い。

「もうちょっと長生きして欲しいから、頑張りますよ」
って言いながら、
そっか。犬と一緒に暮らした事がないと、
犬の平均年齢とかわかんないもんかもなーと思った。


今ギネスブックに登録されてる世界一の長寿ワンコは、
オーストラリアで牧羊犬をしていた「ブルーイー」君という子だそうで
1939年に29才5ヶ月の生涯を閉じたという。
犬種は、オーストラリアン・キャトルドッグ。らしい。

オーストラリアン・キャトルドッグワールドドッグ図鑑さんより

それが、今現在29才になるらしいラブラドールを飼っているイギリスのご夫婦が、
ギネス記録を塗り替えるかどうかでちょっとした騒ぎになっているんだとか。

世界で最も長生きした犬は人間齢で200歳以上!?
 ギネス記録更新で騒動 - イギリス -

  :ペットウォーカーさんより

29才になる“らしい”というのは、まだ証明されていないためで、
ご夫婦は、このラブの「ベラ」ちゃんを保護団体から引き取った時には
少なくとも3才だったので、
それから26年経つので29才にはなっている。と話しているそう。
ギネスはベラちゃんの出生証明書が確認出来ない為、
今回は登録を見送ったとのこと。


動物病院の待合室で会った奥さんは、
肺水腫でハァハァと苦しそうに息をしている風子を見て、
「ワンちゃん、いくつ?」と話しかけてくれた。
「12才です。もうすぐ13才になります」

「まだまだ若いじゃない!ウチなんてもう17才よ」

奥さんの胸には、真っ白なシーズーが抱かれていた。

「目も耳もダメだし、下半身もマヒして歩けないし、
 体の中もあちこち悪いけどね。なんとか元気なのよ。
 ワンちゃん12才でしょ、大丈夫。
 きっと治るわよ。うん!若いんだもん!」

もう見た目で、獣医さんじゃなくてもわかったと思う。
風子は物凄く具合が悪い状態だった。
私は、必死な、深刻な顔して座ってたと思う。

あ、励ましてくれてるんだ。ってすぐ気付いた。
なんか、凄く嬉しくなった。
泣きそうになったけど、
「ありがとうございます」
って堪えて、ちゃんと、笑顔で答えられた。

風子は多分、長生きでは無かった。

でも、
例え風子と一緒に過ごした時間が2年でも3年でも、
20年でも30年でも、
別れは、きっと同じように苦しいし痛いし辛い。
同じように、たくさん後悔していたんだろう。

ただ、もう少し、長く一緒に居たかったから。
出来るだけ長く一緒に居たかったから。

だから長生きワンコのニュースやブログを読むと、
良いなぁ。うらやましいなぁ。って気持ちになるんだな。
スポンサーサイト
COMMENT
私も長生きワンコさん羨ましいです。
風子ちゃんの年齢でも羨ましいです・・・
ねねさんすみません。
きなの年齢でも羨ましい人はいるはず・・・
今思えば一日一日が大事でした。
もっと大事に過ごせば良かったんでしょうが
なかなか~出来ないもんですね。
後悔の連続ですよ毎日v-390
今はなるべくもなと一緒にいられるように
生活する事が一番なんだと思ってます。
きっときながそうして欲しかったはずなので。

私もよく病院で励まされて泣きそうに
なりましたが・・・
人の気持ちってあったかいですよね。
「がんばろう」って気持ちになれましたものv-410
2008/05/25(日) 10:41:00 | URL | きなママ #-[ 編集]
できるだけ、長生きして欲しい。
たとえ寝たきりになったとしても、ブルーが生きようとする限り、ずっとずっと一緒にいたかった。
そばにいて欲しかった。

病院の待合室、温かい場所ですね。
私も励まされました。
2008/05/25(日) 22:17:11 | URL | siromi #tR0Y9Tco[ 編集]
■きなママさんへ
 きなママさん謝らないで下さい(´;ω;`)
 私の方こそごめんなさいなんです。

 ホントはどんな風に笑ったか、楽しく過ごしたか
 毎日毎日が大事なんですよね。
 うらやましいのは、多分時間の長さだけじゃなくて
 私が風子と過ごせたはずのたくさんの時間を無駄にしてしまったと
 どこかで思ってるからなのかもしれない。
 でもそれも私だけじゃなくて、皆きっとそうなんですよね。

■siromiさんへ
 励ましの言葉、本当に温かいですよね。
 とことん凹んでる時だったので嬉しくて嬉しくて、
 泣くのをガマンするのが大変でした。
 出来れば又具合が良くなった風子を連れて、
 待合室でお会いしたかったんですけど、叶わなかったなぁ。
 
2008/05/26(月) 21:07:50 | URL | xxねねxx #-[ 編集]
  コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
TRACKBACK
  TRACKBACK URL
   http://fookochan.blog116.fc2.com/tb.php/28-fad78493
   この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。