拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物と暮らしてる人なら、動物が大好きな人なら、誰もがきっと夢見るはず。
「この子とおしゃべり出来たら、どんなに楽しいだろう」

先週の土曜日、ダンナと「天才!志村どうぶつ園」という番組を観ていた。
以前から気になってしょうがないのが、「動物と話せる女性・ハイジ」というコンテンツ。

本当にこのハイジさんが動物と話せるのか(本当に動物の気持ちがわかるのか)は、
騙されやすい反面、風子と同じくひねくれモノのねねさんには正直、分からないけれど、
今回の「介助犬ロッキー」のお話は、観てて、どうしようもなく涙が止まらなかった。

「介助犬ロッキー」5月31日放送天才!志村どうぶつ園より

介助犬にもどりたい-ロッキーとぼくの1500日-
 難病の筋ジストロフィーの青年-21歳-と愛犬の闘病記録
amazonより

お母さんが一番心配していたのは、
ロッキーは滋弘さんが亡くなった事をまだ、理解できていないんじゃないか?
という事だった。

でもアリスさんによると、

ロッキーは滋弘さんが亡くなった事を一応は理解している。
だけどどうしても信じられない。
大切な滋弘さんの死を、受け入れる事が出来ない。

もしかしたら、ふっと目の前に現れてくれるんじゃないかって
会いたくて会いたくて、つい探してしまう。


と。

最後に、アリスさんはロッキーが欲しがっている物をお母さんに伝える。
それは、ロッキーによく似たふわふわのクリーム色の犬のぬいぐるみ。
病院に付き添えなかったロッキーの代わりにと、
入院した滋弘さんがいつも撫でて、抱きしめて眠っていたぬいぐるみだった。

ぬいぐるみを持って来たお母さんを見て、
アリスさんの横で寝そべっていたロッキーは首を上げ、目を輝かせ、
シッポをぱたぱたと振る。
お母さんがぬいぐるみを差し出すと、
両手で抑えて、ぬいぐるみに顔を埋めるようにして匂いを嗅ぐロッキー。

ぬいぐるみで遊ぶっていう感じじゃなくて…。
本当に、そのぬいぐるみに付いた滋弘さんの匂いを
懐かしむように、いとおしむように。

動物とおしゃべりできる能力が無くても、
今のロッキーの気持ちは、痛い位わかる。

会いたくて会いたくてしょうがないんだよね。
いつも居た場所や、帰って来た時の気配、音、
「ただいま」の声、自分の名前を呼ぶ声、
頭を撫でてくれた手や、抱きしめられる時の感触、匂い、笑顔、全部覚えてる。

動物も、人も、
大切な存在を見送る気持ち、
否応無く見送らなければならない気持ちは同じなんだなって。思った。
スポンサーサイト
COMMENT
私も見て号泣v-406
人も動物も見送る気持ちは一緒なんだと思いました。
このシリーズ結構やってるのでかなり見てます。
本当に話せるのなら・・・
頼んでみたいですね~。
きなの闘病中なんか特にどう思っていたのか
聞きたかった~。
いつも思ってる事は・・・
飼ったからには絶対にワンコより私が長生きする
v-410
なのであんまり歳取ったらもうワンコは
飼えませんね。
2008/06/04(水) 11:14:00 | URL | きなママ #-[ 編集]
いつか必ずくる別れ。
想像すると涙が出ちゃいます。

きなママさんのコメントに“ハッ”としました。
ワンコに先立たれる悲しみはもちろんだけど
万が一ワンコを残して自分が先に旅立つのは
もっとつらい。長生きせねば!






2008/06/04(水) 17:37:16 | URL | tulip #jSNBG1CQ[ 編集]
聞きたかったなぁ。ブルーの気持ち。
出血が止まらなくて、痛くてつらかったんだろうな。

見送るのはつらいけど、大切な家族を置いて先に逝ってしまうのはもっとつらい。
だから、一日でも長く生きて見送ってあげたいですね。
2008/06/04(水) 22:55:18 | URL | siromi #tR0Y9Tco[ 編集]
■きなママさんへ
アリスさんシリーズ、良いですよねー(*´∇`*)
真偽はわからないし演出も多少あるかもしれないけど
動物が、いつもアリスさんの側でリラックスしてるのが分かるので、
動物にとって、アリスさんが居心地の良い存在だという事は
確かなんじゃないかと思います。

私もきなママさんと同じく、闘病中の風子の気持ちを聞いてみたい。
良かれと思って色々した事。
やっぱ嫌だったかな、しんどかったかな、
本当はどうして欲しかったんだろうって…。
もう今となってはどうしようもないのに、
まだ時々どうしても後悔したり考え込んだりしちゃいますね(苦笑


■tulipさんへ
私も、自分が置いてかれた辛さや淋しさばかりで
今まで胸がいっぱいになっていましたけど、
置いてくのだってきっと凄く辛いんですよね…。
大事なワンコに、この辛さや淋しさを味あわせなきゃならない。
淋しがり屋の風子を残して、
もしも自分が先に旅立っていたらと想像すると、
どうしようもなくいたたまれないです。

辛いけど、やっぱり見送る側で良かったんだって思います。
さくらちゃんの為に、tulipさんもいっぱい長生きですね(*´∇`*)q
でもそれはもちろん、うーーんうーーーんと先の、
遠い遠い未来の話ですよ。


■siromiさんへ
闘病中、あの子達は何を思って何を望んでたんでしょうね…。
私は、嫌がってる風子に無理矢理ごはんを食べさせてた事が
亡くなった直後からずーっと心に引っ掛かってます。
食べなきゃ死んじゃう、食べなきゃ治らないってその一心でしたが
食べるの辛かったろうに、嫌だったろうにって。

ブルーちゃんの、風子の気持ちが読み取れたなら、
あの時一番望んでた事をしてあげられたのにって。
どうしても思っちゃいますよね。
でも、見送ってやれた事は喜んでくれてるかな(*´∇`*)
2008/06/05(木) 15:36:02 | URL | xxねねxx #-[ 編集]
私は、この番組は見ませんでしたが、先にいってしまわなければならなかった飼い主さんの気持ちはよく分かります。私の母がそうでしたから。
入院中も、ずっとムクのこと心配していました。
私が家に連れてきて世話していることを伝えてからは安心していました。
母のことを考えると、私は見送ることができたのだから、よかったのかな~~とは思ってもやっぱりまだ辛い。

ねねさんも、風子ちゃんが何を望んでいたんだろうと思っていらっしゃたのですね!
私もムクが腎臓が悪くなってから毎日、点滴に連れていっていましたから、本当にムクが望んでいる事って何だろう?話せるのなら聞いてみたい! と
思っていました。
2008/06/05(木) 18:06:05 | URL | ムク #-[ 編集]
■ムクままさんへ
ムクままさんのお母さんも、ムクちゃんの事すごく可愛くて、
心配でいらしたんですね(´;ω;`)
でも、ムクちゃんにはムクままさんがちゃんと居てくれた。
安心されたでしょうね。お母さんも、
そしてきっとムクちゃんも。

聞きたいこと、同じですよー。
病気になってから、風子が何をして欲しいのか
分からない自分がホント情けなくて。
でも将来、虹の橋で聞いたら
「そんな昔の事忘れた」とか言いそうだな、風子(笑
2008/06/05(木) 21:26:32 | URL | xxねねxx #FTLycEfo[ 編集]
  コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
TRACKBACK
  TRACKBACK URL
   http://fookochan.blog116.fc2.com/tb.php/34-216dd094
   この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。