拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ闘病記読んじゃってそっちに大雨降らせちゃったけど、
ねね、闘病中なのに変なんだけど
凄ーく嬉しかったことがあったの、思い出したよ。風子。

悲しいけど、苦しかったけど、嬉しかったこと。

風子は2ヶ月の間に、3つの病院に診ていただいた。

1つ目は、目の病気のずっと前からお世話になっていた、かかりつけのA獣医さん。
赤ちゃんの時のワクチン接種に始まり、
緑内障の時はもちろん、毎年のフィラリアも、晩年の狂犬病の注射も、健康診断も。

2つ目は、セカンドオピニオンで飛び込んだ、
A獣医さんより少し設備の整ったB獣医さん。

3つ目は、B獣医さんに紹介されて訪れたC大学病院。

B獣医さんに飛び込んだ時。
肺水腫で苦しくて苦しくてもう今日明日にもダメかもしれないって言われたあの日。

検査が終わって奥に呼ばれたら、風子は助手のお姉さんの手で
酸素マスクを口にあててもらっていた。
私が治療室に入って来たのを見て、先生が言った。

「マスク、風子ちゃんのお母さんと替わってもらって」

生まれて初めてだった。“お母さん”って呼ばれたの。

B獣医さんでは、普通に飼い主さんのことをそう呼ぶのが当たり前だっただけなんだけど
ずーっとA獣医さんでお世話になってたから知らなくて。

助手の人とマスクのカップを抑える手を替わる。
右腕で風子の体を包み込んで、撫でながら先生の話を聞く。
風子はちょっと顔を上げて、見えない目で私が来たのを確認して、
安心したのか又くたっと横たわる。

苦しくて横になれなくて、ずっと眠れなかった風子がやっと横たわって、
もう少しで眠れそうな顔をしてた。

先生の話を聞いた後、酸素部屋に入院するまでの1時間近くを、
とろとろした顔の風子にマスクをあてて、撫でながら過ごした。

“風子ちゃんのお母さん”

風子を撫でながら、何度も何度も頭の中で反芻してた。
泣いてオロオロしてばっかりじゃダメだ。
頑張らないと。頑張らなくちゃ。

お母さんなんだから。って。

辛かった。恐くて恐くてしょうがなかった。
でも、同時に自分が「風子のお母さん」だって
ちゃんと認めてもらえたような気がして、嬉しかった。

それから2ヶ月、突然母性本能が噴水のようにほとばしってしまったお母さんは
今までに無く風子にベッタリ。
風子に時々ウザがられながらも、朝も昼も夜もずーっとずーっと。

反省も後悔も山盛りで、ずっと寝不足でふらふらで、
どんなに頑張っても頑張っても風子の具合、中々良くならなくて
結局、風子は行ってしまったのに
どうしてだろう。幸せだったよ。闘病中。
あんなにベッタリ24時間一緒に居た事、それまで無かったからかな。

会いたいけど、又ベッタリしたいけど、ガマンする。

なんてったって、ねね、お母さんだからね。うん。
スポンサーサイト
COMMENT
私も同じです。
闘病中は今までの生活の中で一番一緒に過ごした時間が
長かったと思います。
ず~と様子を見ながら時にはうざがられ(笑)ながらも
必死にひっついてました。
絶対に目を離さないようにって・・・。
そんな生活を続けてたからその分いなくなった時が寂しくてv-409
辛かったけどその時は生きていてくれてるだけで
幸せでした。
ただ側にいてくれるだけってすごい事ですよね。
ちなみに私は病院で「きなちゃんのママ」って呼ばれてました。
なので「きなママ」・・・。
もなには悪いけどこれだけは変えられません!!
2008/06/19(木) 09:32:47 | URL | きなママ #-[ 編集]
■きなママさんへ
 健康で、笑顔で生活できる事って当たり前じゃなくて、奇蹟だって。
 本当に、本当にそうですよね。そう思います。
 側に居て触れる事が出来るだけで、生きててくれるだけで
 それって凄く幸せな事なんですよね。

 闘病生活は、お母さんとしての集大成だったのかもしれないですね。
 多分一番辛かったけど一番濃密で、一番あの子達の事だけを考えてた時間。
 私も聞いてみたいです。
 お母さんとしては何点位だったかなぁ?合格のハンコくれる?って(*´∇`*)
2008/06/20(金) 10:12:19 | URL | xxねねxx #FTLycEfo[ 編集]
闘病って本当に本当に辛いと思います。
私は闘病ゼロ日でした。
普段からちょこっとmaffinが具合悪くなっただけで、
もう怖くてソワソワしちゃって私まで具合悪くなりそうになる始末。
だからきっとmaffinはそんな私に、
「おかーしゃんに闘病なんか無理だよ~」って笑ってるんだと思います。
ママのくせにママの資格のなかった私にくれた、あの子の優しさと勇姿だなって。
でもね、やっぱりそんな風に思わせてしまった・・
たった一人にしてしまったことにもとめどない後悔を感じてます。
だから、闘病中でもたくさんの幸せな時間を過ごせたお話を聞くと、
羨ましく感じてしまう私です。
闘病の辛さも知らずに不謹慎でごめんなさい。
風子ちゃんもねねさんも本当に立派です。

「風子ちゃんのお母さん」
・・・素敵なお話ですね。
2008/06/20(金) 13:29:45 | URL | マフママ #-[ 編集]
悲しいけど、苦しいけど、嬉しい気持ちというのは
本当の家族だからこそ芽生える複雑な感情ですよね。
ねねさんがどれだけ風子ちゃんを愛していたかが
伝わってきます。風子ちゃんとってねねさんは
立派にお母さんですね。
私もさくらのママとしてちゃんとせねば!
2008/06/20(金) 23:04:36 | URL | tulip #jSNBG1CQ[ 編集]
闘病生活は苦しい思いをする事もあるけれど
人間でもそうだけれど、それまで以上に家族と過ごす時間が長くなって幸せな時間を過ごせますよね。
だからこそ、また頑張れるんですよね。
風子ちゃんは素敵なママをもって幸せだなぁ~^^
2008/06/21(土) 01:59:17 | URL | nio #JUSY0YHM[ 編集]
■マフママさんへ
 muffinちゃんの側に居てやりたかったって思うマフママさんの気持ち。
 大好きなマフママさんに心配かけないように
 そっと旅立ってしまったmuffinちゃんの気持ち。
 せつなくて、でも凄く凄く優しくて、胸がいっぱいになります。

 後悔しない見送り方っていうのは無いんですよね、きっと。
 一生懸命看病しても、結局何が出来たかな、何をしてやれたんだろうって思うと
 後から後から、ああしてやれば、こうしてやればって。
 べったり側に居られたのはとても嬉しかったんですけど、同時に後悔もいっぱいです。


■tulipさんへ
 お母さんってやっぱり良い響きですよね。
 相変わらず“きゅん”と来ちゃいました゚+.(*ノェノ)゚+
 私は多分、全然半人前以下のお母さんだったかもしれないけど
 こういう気持ちにさせてくれた風子には、
 本当にどれだけ感謝しても足りない位です。
 さくらちゃんにとっても、tulipさんは立派なママさんですよー♪


■nioさんへ
 病気になると色々見えてくるものってありますよね。人間も、動物も、そう。
 でも私もそうですけど、ついつい普段は忘れちゃうんですよね。
 当たり前だと思っていた平穏な時間の大切さや、大事さ。
 幸せって、健康に、平穏無事に笑顔で暮らせる事そのものなんだなって。

 どうでしょうー(*´∇`*ゞ 半人前以下のお母さんだったけれど
 ギリギリ風子に合格点もらえればセーフかなぁ(笑
2008/06/22(日) 00:27:23 | URL | xxねねxx #FTLycEfo[ 編集]
  コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
TRACKBACK
  TRACKBACK URL
   http://fookochan.blog116.fc2.com/tb.php/41-1b3eec19
   この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。