拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねねさんはその時、こんな大声で目が覚めた。

「ねねっ!ねねーーーっ!!
 コキ!はやくコキもってこい!」

コキってなんやねんコキって…
ワケわかんなくて、もぞもぞ布団の中で朦朧とする意識を整えようとする。

そういえばさっきから風子がなんかわめいてたような…。
んで、ダンナとかわるがわる寝たまんまで、
「ふーーーこーーーー、だーーーめーー」と
半分眠りながら吠える風子をたしなめてたような…。
…あ、そっか。パパが起きたのか。
ほんなら私は起きひんでもええんやんかぐー…ぐー…

ねねっ!

もーーーーーーー!なんやのさっきからうるさいなぁもーーーー(ノ_・。)
しぶしぶ布団からずるずる這い出て玄関に向かった。

と、ダンナと風子が玄関で外を見たままふりーずしている。

「なんなん。どしたん」
コキは!?コキ
「コキってな…」
「電話!電話の子機!」
「えへへへへっふひゃひゃ(*´∇`*)なんで電話どこにこんな夜中に」

何の冗談かと思って、寝ぼけたまま笑った。
でもダンナと風子は真剣で、怒ったように私を振り返った。

「変なやつおる」

笑ったまま固まった。

「変なやつって…」
「ガラス戸にへばりついてたんだよ男が!外から!」
第一発見者の風子さんも、
寝ぼけてるねねをキッとにらんで“うんうん”と頷いた。(ように見えた)

半信半疑のまま寝室から子機を持って来てダンナに渡す。
「まさかーーーホンマに?え?もしかして110番すんのん…?」
「だからさー。どうしようかと…とりあえずいつでも110番出来るようにしとかないと…」

ダンナと。風子と。ねねと。

三人でしばらく、ガラス戸の向こうの真夜中の庭を、
息を潜めてじーーーーっと見つめた。

何分も経たずに、風子の耳がびっと何かを捉えて立つ。

「がるるるるるるるるるるるる(`ω´*)」

ウチの前の道路を、右から左に、横切って行った。オトコが。

それが、冗談みたいで本当の本当なんだけど、
長くて黒いマントみたいなものを
首から下にすっぽり羽織ってて、
丸で鳥のマネでもするみたいに両手を開いたり閉じたりぱたぱたしながら、
悠々と右から左にフレームアウトして行った。

ちなみに深夜3時である。

「…なんやアレ」
「…あいつ。あいつがさっきガラス戸にへばりついて中を見ようとしてた」
「いやーーーーーなんなんそれーーーー。゚(。ノωヽ。)゚。」

結局、110番はしなかった。というか、恐くて出来なかった。
黒マントのオトコは、風子が吠えても慌てることなく、
ダンナが玄関に来たとたん、マントをはためかせて歩いて庭から出てったそうだ。

その後、一旦どこかに消えて、私を起こしてる間に、
再びウチの前の道路に登場したかと思ったら…
…右から左へ飛んで行ったと。いうことらしい。

正体は不明。
ウチを覗き込んで何をしてたのかも不明。


フウコはちゃんとバンケンのおシゴトしてましたから!ぷんぷん
なのにねねは、ほとんどネボケてたましたから!ぷんぷん


だって。だって風子さんいつも、
スーパーのビニール袋がかさかさ飛んでくだけで

「おまえはーーーウチのニワにーーーなんのようなのーーー!!!

って怒鳴ってたんだもん…わかんないよぉ(´・ω・`)
スポンサーサイト
COMMENT
えー!それは恐怖ですね!
変質者でしょうかね~?
マントの下は裸だったとか!?v-12
風子ちゃんが第一発見者だったのですね、さすが!
でも特に何も無くてよかったですね。

2008/09/04(木) 01:32:11 | URL | nio #JUSY0YHM[ 編集]
不思議なお話ですね~。
でもねねさん危機感無さ過ぎ?すみません。
でもへばりついてたなんて・・・怖いですわ。
風子ちゃんお利口さんですね。ちゃんと知らせるなんてv-410
黒マントを着て吸血鬼?はたまたバットマン?
一体何者だったのか?
気になる~気になる~(笑)
2008/09/04(木) 11:33:10 | URL | きなママ #-[ 編集]
怖い・・・。ってか、キモイ。
風子ちゃん、いい仕事したね。偉い!偉い!
パパはコキ!コキ!と大声を出し、ママは
夢か現かの中、一番冷静だったのは風子ちゃん
だったりして。
コキという活字を目にして、まず私が思い浮かんだのは、東北地方限定の農耕器具か何かかと
思ってしまいました(笑
2008/09/05(金) 04:26:18 | URL | tulip #jSNBG1CQ[ 編集]
v-12nioさんへ
 ぱたぱたしながら飛んでったのを見た時は呆気に取られてしまいましたが(苦笑
 アレがガラスにへばりついてたと聞くともう、一気に青ざめちゃいましたv-12
 後から近所の人と話したら、「泥棒が家の間取り確認してたんじゃないのー?」って(汗
 でも泥棒にしては吠えられても走って逃げないし…やっぱ変質者かなぁ。そっちのが恐い。
 風子に何もされなくて良かったですー(;´Д`)昼間は外で石焼き楽しみにしてるので…


v-12きなママさんへ
 いえいえ、ホントに我ながら危機感薄過ぎです。完全にネボケてましたのでw
 風子は“ガラス一枚隔てて変なヒト”で、恐かっただろうに、お仕事よく頑張りました。
 近所の人は「泥棒の下見じゃない?」って言ってたけど、やっぱりマントがどう考えても…
 変質者じゃなければ、泥酔してわけわかんなくなってる人とか。かなぁ?
 田舎だから平和平和って油断してたらダメですね。しっかりしなくちゃです(*´∇`*ゞ


v-12tulipさんへ
 農耕器具「コキ」ってホントにありそう!吹いちゃいましたよーヾ(≧∇≦)ノ(笑
 考えたら、風子の目の前のガラス戸に黒マント男がへばりついてたわけで、
 相当恐かったと思うんですよね…それでも頑張って吠えて、
 「ねね!ぱぱ!おきるの!」って言ってたのに…がぁがぁ寝てた母ちゃん、酷いぃ(*ノェノ)
 しばらく風子はピリピリの警戒態勢で(苦笑 守備範囲が目の前の道路まで広がってました。
2008/09/05(金) 12:42:52 | URL | xxねねxx #FTLycEfo[ 編集]
こわいはなし?
風子ちゃん、夜中なのに異変に気づいて、ねねさんたちに教えたんですね。えらい!!
こういうときのわんこって、ムクもそうだったと思いますが、
たぶん自分でも怖いんだと思います、
それでも「家を守る」ていうお仕事がんばるんですね~~
その不思議な人?もの?正体はなんだったんでしょうね。でも
皆さん何事もなくて良かった♪
2008/09/05(金) 22:48:32 | URL | ムク #-[ 編集]
v-12ムクママさんへ
 そう…風子が恐いのガマンして「ヘンなやつおる!」って言うてたのに、
 夫婦揃って「ふうこー、(吠えたら)ダメーv-75」って_| ̄|○...
 どう考えても私達が“ダメ”ですよねー(;´Д`)(反省
 何だったんでしょうねぇ。街灯の下で足首までの黒いマントをパタパタさせて
 飛んでく姿は、実にシュールでした(苦笑
2008/09/06(土) 09:50:51 | URL | xxねねxx #FTLycEfo[ 編集]
  コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
TRACKBACK
  TRACKBACK URL
   http://fookochan.blog116.fc2.com/tb.php/85-9636886f
   この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。