拝啓 風子様
虹の橋に走って行っちゃった風子へ ~ねねより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日、家事は最大限にサボって
なのにちゃっかり夜になると晩酌は欠かさずに
昼間はとにかくコタツでぬぼーっとしていましたところ、
熱も鼻水もすっかり落ち着きまして、
我ながら実に単純に出来ているなぁと感心しているねねさんですこんばんは。

ぷぷ ホントにたんじゅん


ただぬぼーっとしてるのもなんなので、
レンタルして来たDVDを観ながら風子2号の手術を試みておりました。
一度は見て見ぬフリをしたものの、ぬいぐるみとして『恐い』のはさすがに致命的です。
時間もある事だし、頭ボーッとしてて動きたくないので丁度良いやと思って。

ということでメス糸切りバサミを握ったのが運のつき。

  ──大丈夫ですよー簡単な手術ですからねー。
  ──ちょちょちょっと糸を切ってぇ、お鼻の位置を上に、
  ──お目目はもう少し大きめに愛らしくぅ、
  ──すーぐ済みますよー、手術予定時間は2~3時間ってとこですかねー…。

などとご本人に説明しながら…その内DVDに集中し出して…

はい、何故かいつの間にか風子2号、
首を丸ごと新品にすげかえなければならないハメに
なっておりましたil||li _| ̄|○ il||li

手元を見ないで切っちゃいけなかったとこは切るわ、
引っ張っちゃいけなかったとこは引っ張ってボロボロにするわで
もう、修復するくらいなら最初から作り直した方が早いという状態。

なんでこう、面白いの!海外ドラマって!これだから観始めると困るっつーの!

と一人軽く逆ギレしながらもしっかりSeason1を観終えて、Season2の1枚目も観ちゃって
もう続きが気になって気になってしょうがないので
続きも近い内に借りて来ちゃうこと必至です。

風子2号の頭をちくちく縫いながら観よう。うん。
縫っちゃいけないとこを縫わないように気を付けないと(笑

ちなみに「4400」というドラマです。
数十年間の間に行方不明になった人達4400人が突然、
行方不明になった姿のまま、超能力者になって帰って来るという
摩訶不思議なお話。
もしもワンコとおしゃべり出来るのなら、
ダンナは間違いなく真っ先に風子の声を聞きに行くだろう。

いつものように、ビール飲みながらゴキゲンで、
ゴロゴロする風子にゴロゴロとまとわりついて
「風子はウチの子になって幸せ?幸せかなぁ?パパは幸せーヾ(≧∇≦)ノ」
って言うんだ絶対。
それで風子に
「はいはいシアワせだって!ウルサイなぁもおー(。-`д-) 」
って風子パンチや足蹴りされてる光景が目に浮かぶ(笑

ねねさんだってもちろん、風子とおしゃべりしてみたい。
でも、風子の気持ちも思いも、多分、大体分かってる。

だから風子には悪いけど、私が一番に「幸せだった?」って聞いてみたいのは、
この子だったりする。
【↓ツヅキ】
風子、ばあちゃんとこに行って来たよ。元気そうだった。

よかったね。・・・で、なんでグッタリしてんの?

・・・ヽ( ´-ω-)ノそれがさー。
【↓ツヅキ】
初めてペットショップで見掛けたTシャツを買って帰ったのは、いつだったかな。
多分、風子は、1~2才頃?じゃなかったか。

どんな色や柄だったのかも覚えて無いけど、
Tシャツを着せた風子が固まって動かなくなってしまったので、
「なんでー!?」って慌てて脱がせた記憶はある。


バンダナですら違和感があるらしくて、
5分も目を離すと自分で外してしまう筋金入りの『裸族』な風子に
それきり、服を着せるのは諦めた。

そんな風子が何故か、1枚だけ、オレンジ色のちょっと大き目のセーターを持っている。

【↓ツヅキ】
たこ焼きの国の父、通称“オトン”からお花が届いた。

と言ってもオトンは金額を指定して注文するだけだから、
実際にどんなお花が娘宅に届いているのか知らないらしい。

そして今回、いつものように切花が届くと思って花瓶を準備してたら、
花瓶なんて必要無い子達が、
ココココンニチハー(≧∇≦)ノとカゴの中からぞろぞろ出て来た。

左:ハートカズラ  中:チェッカーベリー  右:謎のちっちゃい秋子さん

【↓ツヅキ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。